【受賞】北海道産学官研究フォーラムが令和3年度「測量の日」に功労者として表彰されました

毎年、6月3日の「測量の日」を記念して、測量・地図に関する普及・啓発に顕著な功績のあった人物や団体に対して、国土地理院長から「功労者感謝状」が贈られます。令和3年度は、北海道MaaS研究会の運営母体である北海道産学官研究フォーラムが功労者に選ばれました。

「測量の日」における功労者及び受賞理由

【団体】

◆一般社団法人 北海道産学官研究フォーラム(理事長 三上隆)

 北海道産学官研究フォーラムは、平成3年に北海道内の産学官連携基盤強化を目的として設立され今年30周年を迎える。平成10年に北海道GIS・GPS研究会を設立し、北海道内各地で産学官の有識者を集めたGIS普及セミナーを開催、平成26年に産学官CIM・GIS研究会を設立し、土木分野におけるICT活用にも力を注いでいる。平成20年には、主催者の一員として「北海道地理空間フォーラムin札幌」の開催に尽力された。GISの活用について、様々な分野での講演会を主催するなど、北海道におけるの地理空間情報及びGISの普及・啓発に多大な貢献をした。

【詳しくはこちら】
国土地理院ウェブサイト:
令和3年度測量・地図の感謝状贈呈者決定
https://www.gsi.go.jp/kohokocho/kohokocho65033.html

「測量の日」における功労者及び受賞理由
https://www.gsi.go.jp/common/000233264.pdf


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go to Top